2017/02/22

花園神社

古くから新宿の総鎮守として知られる神社で、開運招福・商売繁盛を願う酉の市が毎年行われている。1800年前後にあった大火で焼失した社殿を再建するため、境内で見世物や演劇などを興行したこともあり芸能と深い縁があるとされる。


現在の花園神社は歌舞伎町を抜けた伊勢丹の裏側あたりに位置し、繁華街から外れた場所にあるため、初めて訪れた時はここにあったんだと少し驚いたのを憶えている。


明治通り側だけでなく靖国通り側にも参道と鳥居があって絶え間なく参拝者の姿があるが、表参道は明治通り側のようだ。


大都心部にあって境内は広く、大鳥居から入ると見える大きく立派な拝殿の他に稲荷神社と浅間神社が境内社としてある。


お参りを済ませたら右側に社務所があるので御朱印はそこで受ける。初穂料は300円で番号札を受け取って外で待つかたちだ。新宿という場所もあるのだと思うが、外国人観光客の姿もよく見かける国際色豊かな神社だ。


0 件のコメント:

コメントを投稿