2019/01/11

居木神社

品川区大崎にある神社。創建年代は不詳だが公式ページには古い記録で元々は武蔵國荏原郡居木橋村(現在の山手通り居木橋付近)にあり、雉子ノ宮」と称されていたらしい。江戸時代初期に目黒川氾濫の難を避けるために現在地に遷座した。


遷座の際に貴船明神春日明神、子権現、稲荷明神、を合祀し「五社明神」と称された。明治5年に社号を居木神社に改め、同6年に村社に列格、村内鎮座の稲荷神社、川上神社、本邨神社の3社6座が合祀された。


JR大崎駅西口から徒歩3分の場所に境内があり、高台になっているため少し坂を上ると鳥居が見える。さらに石段を上っていくと鳥居の手前に一対の狛犬があり、鳥居をくぐって左手に手水舎が見える。


正面すぐに拝殿があり、社殿の左奥には境内社の厳島神社と稲荷神社がある。社殿は戦火で消失してしまったが昭和52年に再建。その他、境内には江戸時代の石像物が残っており境内末社の厳島神社は品川区指定有形文化財に指定されている。


社殿の右手に社務所がありお守りなどが頒布されているが、御朱印は別の建物に受付窓口が設けられていた。正月の時期なので行列を避けるために臨時にそうなっているのかもしれない。


通常御朱印から月替りの御朱印まで種類が多いのだが、今回は正月限定の御朱印をいただいた。窓口で御朱印帳を渡して番号札を受け取り書き上がるのを待つ形式で、初穂料は500円だった。


2019/01/04

目黒大鳥神社

目黒区下目黒にある神社。目黒区では最古の神社と言われ、公式ページ記載の社伝によると「尊の霊みたまが当地に白鳥としてあらわれ給い、鳥明神とりみょうじんとして祀る」とあり、大同元年(806年)には、社殿が造営された。


また江戸図として最も古いとされる長禄の江戸図(室町時代)に鳥明神として記載されており、江戸九社の一つとして、かなり古くから多くの崇敬を集めていたと考えられる。さらに文政十三年(1830年)の新編武蔵風土記稿にも大鳥大明神と記されている。


目黒駅から権之助坂を下り、目黒川を越えて山手通りと目黒通りの交差点の角に境内がある。どちらの通りにも鳥居があるが山手通り側の鳥居からが表参道になるようだ。鳥居をくぐると左手に手水舎が見える。


一対の狛犬に出迎えられ、正面が拝殿となる。社殿左奥には境内社として目黒稲荷神社があり、その横には庚申塔や複数の石造物が並んでいる。また境内右手奥には神楽殿もあり、例大祭には「剣の舞」が奉納される。


境内はそれほど広大ではないのだが、その他「都天然記念物オオアカガシ」の石碑や切支丹燈籠、御神木の銀杏もあり、さすが歴史ある神社だけあって見どころが多い。


なお、御朱印は通常は対応していないが、お正月と9月の例大祭、11月の酉の市には書き置きのものが頒布される。今回はお正月の御朱印をいただくことができた。


2018/12/23

荏原神社

品川区北品川にある神社。創建は和銅二年(709年)、奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高麗神(龍神)を勧請し、長元二年(1029年)に神明宮、宝治元年(1247年)6月19日に京都八坂神社より牛頭天王を勧請したとされる。


古くから品川の龍神さまとして、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受け、品川宿の総鎮守だったが、江戸時代に5石を品川神社と折半。明治元年には、准勅祭社として定められた。


祈願すれば叶わぬものはないと言われ勝運、学問、商売繁盛、交通安全、病気平癒、家内安全、恋などに特別の御神徳がある。貴布禰祭、天王祭、大鳥祭が毎年行われ、特に6月の天王祭海中渡御が行われる天王祭が有名だ。


境内は京浜急行の新馬場駅から徒歩3分ほどの目黒川沿いにある。赤い鎮守橋を渡ると鳥居があり、その奥に拝殿が見える。鳥居をくぐって参道を進むと左手に手水舎があり拝殿の手前で一対の狛犬に出迎えられる。


なお鳥居の近くには恵比寿像があるが、これは東海七福神の恵比寿神を担っているためで、毎年正月になると恵比寿神の御朱印も拝受できる。また龍神さまと言われていただけあって拝殿の屋根から龍が覗いているのが確認できる。


御朱印は鎮守橋を渡って右手の奥にある社務所で拝受できる。インターホン呼び出し形式で書き置き対応。初穂料は300円で御朱印といっしょに由緒書資料もいただいた。とても丁寧に対応いただきありがたかった。


2018/12/17

三田春日神社

港区三田にある神社で、創建は天徳二年(958年)武蔵国国司藤原正房卿任国の際に藤原氏ならびに皇室外戚の氏神である大和国春日社第三殿に祀る天児屋根命の御神霊を勧請したのが始まりとされる。


公式ページによれば江戸府内唯一の春日社として徳川将軍をはじめ江戸城登城の諸大名の崇敬も厚かったとされる。天文年間に現在の地に遷座し明治5年村社に列。平成六年に赤羽稲荷神社を境内に遷座した。



JR田町駅から慶應義塾大学三田キャンパス方面に歩き、桜田通りを東京タワーの見える方向に進むと左手に鳥居が見える。石段を上って左手に手水舎があり、正面が拝殿。右手には社務所が見える。


社殿左奥には境内社として赤羽稲荷神社と福徳稲荷神社が鎮座。この周辺の神社の特徴として境内にベンチが置かれ休憩スペースが設けられている。昼食時にはビジネスマンが一息つける絶好の場所になるようだ。


御朱印は社務所の窓口で対応していただける。インターホン呼び出し形式で御朱印帳を渡して書き上がるのを待つ。なお初穂料は定められておらずお気持ち(志納)となっている。


2018/12/11

出雲大社東京分祠

港区六本木にある神社。公式ページによれば出雲大社の御祭神大国主大神の御分霊を奉斎する都内唯一の分祠で、第八十代国造、出雲大社教初代管長の千家尊福公によって明治の初期に創設されたとある。


御祭神は大国主大神で縁結びの神としてよく知られており、場所も六本木にあるということもあって参拝者が絶えない。神社の説明書きによると男女の縁だけでなく“お互いの幸福のためのすばらしい縁がむすばれる”という意味があるらしい。


六本木駅から西麻布方面に歩いて右奥に少し入ったビル街の中にある。神社というとビル街にあってもそこだけ異空間のように境内があるのだが、ここは完全にビル街に溶け込んだようになっている。


いただいた写真資料を見ると昭和五十六年までは鳥居を構える境内が確認できるが、現在は最新の都会型神社形態となっている。階段を上っていくと社殿がビルの3階にあり、左手には手水舎が見える。


手水舎のさらに左側には祓社があって、参拝者はここで社殿(神殿)の参拝前に心身を祓い清める形式になっている。なお、出雲大社の参拝方法は二拝四拍手一拝なので注意が必要だ。


御朱印は授与所(御守所)ではなく社務所で拝受できる。インターホンを押すと窓が開いて対応していただく。御朱印帳を渡して書き上がるのを待つ形式で初穂料は300円。出雲大社の御朱印帳もあるようなのだが確認できなかった。


2018/11/27

杵築大社

武蔵野市境南町にある神社。350年ほど前の江戸時代初期に、出雲の松江初代藩主松平出羽守直政公の屋敷内に徳川幕府の繁栄と、天下泰平を祈願し杵築大社(現出雲大社)と稲荷社両社を創建したのが始まりされる。


御祭神は(だいこくさま)と事代主大神(えびすさま)で、二福神を祀る神社として武蔵境周辺の崇敬を集めている。平成十九年(2007年)から武蔵野吉祥七福神めぐりがスタートし、本神社は恵比寿神を担っている。



境内はJR武蔵境駅の南口を出て徒歩5分程度の場所にあり、近くにあるイトーヨーカードーの東館の裏手を目指すとわかりやすい。今回は自転車だったが電車でのアクセスも良さそうだ。


横に広い境内で駐車場のある北側にも鳥居があるのだが、正面の鳥居はその先にある。鳥居をくぐり参道を少し進むと一対の狛犬に出迎えられる。二ノ鳥居の先に拝殿が見えるが、その手前左手に手水舎がある。


境内社は拝殿の右手に八坂神社、左手には豊受大神を祀る稲荷神社が鎮座。さらに左側には小さな池と富士塚がある。他にも道路の向かい側に弁天様があるらしいのだが、見逃していて気がつかなかった。


御朱印は社務所で拝受できる。インターホンで窓口まで呼び出し対応していただく形式になっている。今回は書き置きの御朱印のみで初穂料は300円。12時から13時までは社務所が閉まっているので注意が必要だ。


2018/11/18

磐井神社

大田区大森北にある神社で、敏達天皇の二年(573年)八月の創祀と伝えられる。公式ページによれば貞観元年(859年)官社に列した延喜式内社でこの神社を武蔵国の八幡社の総社に定めたとされる。


鈴森八幡宮とも呼ばれ由緒書には江戸時代には、徳川家の将軍も参詣したことが記されている。永正年中兵火にかかり社殿が焼失したが、享保十年(1725年)に徳川八代将軍吉宗公が造営したという記録がある。


境内は京急の大森海岸駅から3分ほど第一京浜沿いに歩くと鳥居が見えるのですぐにわかる。周辺は高層マンション等に囲まれているが、その場所だけ異なる雰囲気の流れる空間になっている。


鳥居をくぐると右手に手水舎があり、参道を少し進んだ正面が拝殿となる。一対の狛犬が出迎えてくれるが、子獅子6匹いる珍しいもので子宝の象徴として親しまれているようだ。この日は七五三の写真撮影に訪れる参拝客が多かった。


この他、境内には磐井の井戸跡や力石などもあり、特に大きな二本のご神木は存在感がある。また比較的規模の大きい神楽殿がありその周辺にはいくつかの石碑が見える。


境内社としては社殿右手に海豊稲荷神社、境内左手は小さな池に囲まれている笠島弁天社が鎮座。東海七福神の弁財天となっていて正月には七福神巡りが開催される。


御朱印は拝殿左手にある社務所で拝受できる。窓口で御朱印帳を渡して書き上がるのを待つ形式で、月ごとにカラフルな御朱印があるので人気があるようだ。今回は霜月(旧暦11月)と新嘗祭の御朱印をいただいた。


新嘗祭の御朱印


霜月の御朱印